ホームマイアカウントカートの中身を見るお問い合わせ
>パスワードを忘れた方はこちら
メルマガ登録・解除はこちら
RYT200コース説明会
RYT200コース
RYT500コース説明会
RYT500コース
ヨガワークショップ
HIKARUワークショップ
ホリスティックガーデン
書籍/DVD/オーガニックオイル
[180714] 年4回開催 [無料]7/14(土) ヨガアライアンス500時間コース説明会/なぜRYT500が必要なのか?
[180526] [無料] 5/26(土)HIKARU/ヨガインストラクター養成コース説明会(体験ワークショップ付)
[180427] [無料] 4/27(金)鈴木まゆみ/ヨガインストラクター養成コース説明会(チャイ付)
[180414]米国ヨガアライアンス認定、TTレベル1 第162期 集中コース/2018年4月14日(土)開講 、全4日間
[180506]米国ヨガアライアンス認定 TTレベル1 第163期 日曜日コース/2018年5月6日(日)開講
[1800510]米国ヨガアライアンス認定 TTレベル1 第164期 木曜日コース/2018年5月10日(木)開講
[180505]米国ヨガアライアンス認定 TTレベル2 第97期 土曜日コース/2018年5月5日(土) 開講
[180519]米国ヨガアライアンス認定 TTレベル2 第98期 集中コース/2018年5月19日(土) 開講
[180627]【新島開催】2018年6/27(水)開講/TTレベル3 第44期 9日間集中コース
[180714]米国ヨガアライアンス認定 TTレベル3 第45期 土曜日コース/2018年7月14日(土)開講
[180610][ヨガ解剖学講座]2018年6/10(日)・6/17(日) 指導者として知っておきたい解剖学(第61期AKIC)
[180623]【RYT500/ヨガ解剖学シリーズ】6/23(土)24(日) ヨガクラスで役立つヨガ解剖学〜怪我・既往症講座〜(第11期 AKIC2)
[180626]【RYT500/ヨガ解剖学シリーズ】6/26(火) 身体のことを伝えるヨガ解剖学〜指導法講座〜(第10期 AKIC3)
[180415] [ヨガアジャストメント講座] 第36期ATIC/2018年4月15日(日)
[180512] [ヨガアーサナ講座] 第41期AMIC/2018年5月12日(土) 13日(日)
[180428]【RYT500対象講座】4/28(土) 向井田みお / YOGA哲学を一気に解決全6回シリーズ〜【追加開催】『ゲーランダサンヒター』 ファイナル 5〜7章完結編
[180430]4/30(月祝) 鈴木まゆみ/身近な人にヨガを教えてみよう!〜ゼロから始めるティーチング〜
[180506]【RYT500対象講座】【出版記念ws】5/6(日)レイ・ロング/ヴィンヤサフローと立位(仮題)出版記念ワークショップ ‐立位のポーズのための解剖学とバイオメカニクス(生体力学)
[180507]【RYT500対象講座】5/7(月)8(火) レイ・ロング医学博士/ヨガ実践者・指導者のための解剖学・生体力学・生理学 10時間コース
[180508]【RYT500対象講座】第22期 UTLシニアヨガ指導者養成コース(全2回)/2018年5/8, 15 火曜コース
[180508]【無料】5/8(火)ヨガ練習者のためのタイヨガワークショップ/タイ政府資格認定トレーニング説明会
[180512]【RYT500対象講座】5/12.13(土日)相方宏 / 伝統的ヨーガの理論と技術 アーサナ→プラーナーヤーマ→メディテーションへのシームレスな実習の確立に向けて
[180520]【RYT500対象講座】5/20(日),6/3(日) 野村賢吾/ヴィンヤサシークエンス作り2日間基礎講座
[180526]【RYT500対象講座】2018年5/26(土),27(日) 合津静・鈴木まゆみ/YOGA初心者への指導法
[180527]5/27(日)吉田友子/ヨシトモ先生と月いちヨガ部
[180528]【RYT500講座】全4回 5/28,6/25,7/30,8/27(月) 渡部直子/ヨーガスートラから学ぶアシュタンガヨーガ〜4ヶ月集中コース
[180609] 6/9(土)トラウマを克服するためのヨガ講座(医師監修)第11期 トラウマ・アプローチ・ヨガ(TAY)指導者養成コース
[180614]2018年6/14(木) 小池龍之介/満月・新月 坐禅session
[180616]【RYT500対象講座】6/16(土) 向井田みお / YOGA哲学を一気に解決全6回シリーズ〜【追加開催】『ヨーガスートラ』ファイナル 第3・4章を読み切る
[180624]6/24(日)吉田友子/ヨシトモ先生と月いちヨガ部
[180707]【RYT500対象講座】7/7,8,28(土,日)マイルズマエダ/3パート ワークショップシリーズ - アサナ、ヴィンヤサ & 筋膜
[180729]【RYT500対象講座】7/29(日)マイルズマエダ/ジャイロキネシス 集中ワークショップ:ジャイロキネシス入門
[送料無料] カラダをゆるめてこころを整える はじめての月経血コントロールヨガ
HIKARUワークショップ一覧【UTL以外】
[送料無料] やさしく学ぶYOGA哲学 ハタヨーガ基礎と実践
[送料込み] やさしく学ぶYOGA哲学【愛蔵版】ヨーガ・ヴィッディヤー YOGAの知恵
[送料無料] やさしく学ぶYOGA哲学 ウパニシャッド
[送料無料]WOMAN'S YOGA BOOK (ウーマンズヨガブック) - 女性のヨガライフ実践書
[送料無料] ハタ・ヨーガ・プラディーピカー 前編
[送料無料] ハタ・ヨーガ・プラディーピカー 後編
[送料無料] やさしく学ぶYOGA哲学 ヨーガスートラ
[送料無料] やさしく学ぶYOGA哲学 バガヴァッドギーター 向井田みお
[送料無料] やさしく学ぶYOGAアジャストメント 基本アーサナ21選 クランティ
[送料無料] 図解YOGAアナトミー:筋骨格編 - 医師が教えるヨガの機能解剖学
[送料無料] 図解YOGAアナトミー:アーサナ編 - 医師が解説するヨガの機能解剖学
[送料無料] 図解YOGAアナトミー:実践編 - アームバランスと逆転
[送料無料] 陰ヨガの新しい教科書 Insight Yoga サラ・パワーズ
[送料無料]YOGAアジャストメント Kranti(クランティ)
[お試し3本セット] Satutui (サトゥトゥイ)/アーユルヴェーダに基づく100%オーガニックオイル
[180512]【RYT500対象講座】5/12.13(土日)相方宏 / 伝統的ヨーガの理論と技術 アーサナ→プラーナーヤーマ→メディテーションへのシームレスな実習の確立に向けて
7,000円(内税)
数量
             

タイトル


【RYT500対象講座】
5/12.13(土日)相方宏 / インド達人シリーズ【伝統的ヨーガの理論と技術】
アーサナ →プラーナーヤーマ →メディテーションへのシームレスな実習の確立に向けて

*コース受講者には、8時間の修了証が発行されます。
(RYT500受講者は修了証を哲学スタンプ6個に引換え可 )



日時


2018年5/12(土)5/13(日) 9:00-13:00



内容


このワークショップは、インドの伝統的なヨーガのリソースに段階的にアプローチして行くことで、
ヨーガへの理解と自信を深めて行く「伝統的ヨーガの理論と技術」のプログラムの一環です。
内容は、アーサナの実習からプラーナーヤ―マ、
メディテーションへとシームレスに進行して行くヨーガ実習の理論面と技術面のポイントを確認するものです。 
    
2015年に国連で「6月21日」が「世界ヨーガ・デー」として制定されたことに合わせて、
ニューデリーのモラルジデサイ国立ヨーガ研究所で策定された「ヨーガ共通手順(Common Yoga Protocol」でも、
8ステップでのスタンダードなヨーガ・クラス指導のガイドラインとして、
アーサナ→プラーナーヤーマ→メディテーションのシームレスな構成が強調されています。
       
わたしたちがヨーガを学び、実践していく目的は、日常生活での瞑想習慣が無理なく身に付いて行くことです。
近代ヨーガ研究の発祥の地であるインド・マハーラーシュトラ州ロナヴァラにある
カイヴァリヤダーマ研究所(1924年設立)は、
「ヨーガは人格の統合(Integration of Personality)」という近代的なヨーガ理論を提唱していますが、
「統合」は身心の各レベルでの「初期化」と「最適化」のプロセスによって段階的に実現されて行き、
瞑想実習によって完成に向かいます。
         
パタンジャリの『ヨーガ・スートラ』で提示されている「アシュターンガ・ヨーガ(8階梯のヨーガ)」は、
理論面でのロードマップです。
日常の身辺環境・生活態度の最適化(ヤマ・ニヤマ)から始まり、
アーサナによる身体の動作と姿勢の最適化、
プラーナーヤーマによる体内の自律系の最適化へと進み、
知覚機能の最適化(プラティヤーハーラ)を経て、
最終的には瞑想過程(ダーラナー・ディヤーナ・サマーディ)による脳の機能の統合へと進みます。 
  
技術面では、シンプルな実習で身体に「コンセプト」としてのアーサナを浸透させ、
十分に鎮静化した身心でプラーナーヤーマに進み、
無理なく内面へ沈潜して行く瞑想実習へと向うスムーズな移行の確立が現代的なアプローチです。
        
具体的には、あらゆる瞑想技法の基本となる
「プラーナ・ダーラナー(アーナーパーナ・サティ)」の習得と習慣化がターゲットとなります。
       
瞑想の習慣化により実感されて行く効果は、どのような状況に自分が置かれても、
自分で自分自身を認証し、常に自分を肯定出来る根拠となる静謐な境地の確立です。
(ヴィタルカ→ヴィチャーラ→アーナンダ→アスミタ : PYS I-17)。
  
また、わたしたち日本人にとっては、
『ヨーガ・スートラ』の理論体系を学んで行くことと平行して、
仏教文化への包括的な教養を深めていくことが有利です。
      
特に瞑想法に関しては、
仏教伝統の古層(原始/初期仏教)に属する「ヴィパッサナー」の実践マニュアルである
『マハー・サティパッターナ・スッタ』の内容を理解していることは有益です
(「マインドフルネス・メディテーション」の原典)。
このプログラムでは『ヨーガ・スートラ』と『マハー・サティパッターナ・スッタ』の比較考察にも触れて行きます。
 
 

【伝統的ヨーガの理論と技術】
   
ヨーガの歴史は古く、
そのルーツはインドの精神的修行法として伝承されて来た
身心統合・精神統一の方法論にあります。

1920年代にヨーガの学術的研究が
西インド・マハーラーシュトラ州のロナヴァラに設立された
カイヴァリヤダーマ研究所で着手されたことで、
サイエンスをベースとした近代的ヨーガが一般社会の医療・教育分野に浸透して行くプロセスが始まりました。
1960年代以降、ヨーガはある種の神秘的な装いを纏うインド発の健康法として諸外国にも広く伝搬されて行き、
日本にも1960年代からヨーガが紹介されて来ました。
日本では1990年代にヨーガが絡む大きな社会的スキャンダルによる停滞がありましたが、
近年再びヨーガ・ブームと呼べる時期が到来しています。
   
しかし、ヨーガは無限とも言える多様性を許容するインドの宗教文化に伝承されて来たため、
誤解や混乱も多い分野です。
特に、基準となるスタンダードな理論や技法への認識の不足が、
しばしばヨーガの常識的な理解や社会的受容への障害になって来ましたし、
ヨーガにまつわるスキャンダルの温床にもなっていました。
      
ヨーガの本家インドでは、
インド国外でのヨーガの恣意的な解釈や行き過ぎた商業化、
またインド国内でのヨーガへの関心の高まりから、
2008年にモラルジデサイ国立ヨーガ研究所(MDNIY)主導により
インド・ヨーガ協会(Indian Yoga Association)が結成され、
ヨーガのスタンダード化とヨーガ教育課程へのガイドラインを策定する作業が着手されました。
そして、2014年にヒンドゥー民族主義系のインド人民党(BJP)政権が成立したことで、
積極的なヨーガの国策化が進められると同時に、ヨーガを世界的な文化戦略のツールとする政策が進行中です。
2015年から国連で「6月21日」が「世界ヨーガ・デー」として制定されたことに合わせて、
国立ヨーガ研究所から「ヨーガ共通手順(Common Yoga Protocol)」が提示され、
同時にインド政府AYUSH省後援でQCI(Quality Council of India/インド品質協会)によるヨーガ指導者検定試験制度が導入、
2017年には公式ガイドブックも出版されました。
また、インド国内の各大学にヨーガ学科の開設が推進されるなど、
本家インドではヨーガを巡って「地殻変動」とも言える環境変化が起きています。
    
わたしたちがこれからもヨーガと関わって行く限り、
インドで現在進行中の動向を無視することは出来ないでしょう。
とかく今までヨーガには実体のない「鵺(ぬえ)」のようなところがありましたが、
ヨーガに関する客観的で公的な基準が明確になって来たことで、
今後どのような距離感でヨーガと付き合って行くかの考察と具体的な対応が可能になって来ました。
またインド側が「ヨーガはインドの伝統文化である」という主張を前面に押し出して来たことで、
ヨーガと健全な関係を築いて行く上での日本人としての主体性も問われて来ています。
  
現在インドで進行中のヨーガのスタンダード化も、
1920年代からロナヴァラに蓄積されて来た学術的なヨーガのリソースを土台としています。
日本でも、今後も健全なヨーガの活動が持続的に発展し、ヨーガによる恩恵が提供されて行くには、
常にインドの伝統的リソースに基づいたニュートラルで学術的なヨーガの知識を確認して行くことが有益です。
各個人の多様な関心に答える柔軟性もヨーガの特性のひとつですが、
どのようなスタイルのヨーガに興味を持つ場合でも、
ある段階でロナヴァラに蓄積されて来たヨーガのリソースについて知って行くことは望ましいステップと思われます。
 
2008年から着手された「伝統的ヨーガの理論と技術」というアプロ―チは、
ヨーガとライフワーク的な付き合い方を志向されている方、
インドへのヨーガ留学を考えている方、
またインド政府AYUSH省後援のQCIヨーガ検定試験の受験を考えている方へのサポートとなるよう最適化が進められています。



参加費


7,000円(税込)
*受講料はお振込でお願いいたします。当日現金払いの場合は+500円をお支払いいただきます。
*UTLコミュニティメンバーにご登録でない場合は、別途登録料1,000円が必要になります。メンバー登録費は当日受付にてお支払いください。



場所


アンダーザライト ヨガスクール



講師プロフィール





相方 宏(あいかたひろし)

1959年広島生まれ。
東京外語大インド・パーキスターン学科卒
インド・マハーラーシュトラ州のカイヴァリヤダーマ研究所付属カレッジ卒(DYEd1990-91)、
1991-93年プネー大学哲学科修士課程(M.A.)修了、博士課程(Ph.D.)退学。
1995−7年インド政府給費留学生(ICCR)、1996年インドの大学講師資格試験通過(SET/哲学)。
近代的ヨーガ研究のパイオニアであるスヴァーミー・クヴァラヤーナンダ(本名ジャガンナート・グネ:1883-1966)に育成され、
クヴァラヤーナンダの設立したカイヴァリヤダーマ研究所の主要スタッフであったマノハール L.ガロテ博士(1931-2005)に師事。
ガロテ博士が1996年に設立したロナヴァラ・ヨーガ研究所のプログラム・コーディネーター。
また、2014年に開講されたカイヴァリヤダーマ研究所のオンラインコースのメンター。
1998年よりタイランドの大学でヨーガを医療・教育分野に導入する活動に従事(シーナカリンヴィロード大学哲学宗教学科、ソンクラー大学看護学部)。
2004年よりMCB財団タイ・ヨーガ研究所共同ディレクター(http://www.thaiyogainstitute.com/)。
1年をインドでの「研究期間」とタイの大学での「仕事期間」に割り当てながら、
ヨーガをテーマとしたインド研究とアジアの精神性の探究を続ける。
近年は広い意味での仏教的精神性とヨーガの統合的理解へ注力中。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける